わんちゃんが震えている時の原因は?どうしてあげたらいい?

ふとわんちゃんを見るとプルプルと体を震わせていて心配になる飼い主さんもたくさんいますよね。なにかの病気なんじゃないだろうかと不安にさせられるこの震え。単なる体の生理反応の場合と病気の症状のひとつとしてあらわれるものがあります。いったい、わんちゃんはどんな理由で震えているのでしょうか。

病気の心配がないもの

寒さを感じている

わんちゃんも人間と同じように寒いと震えるんです。特に、室内で服を着ている私たちが大丈夫と感じていても子犬や老犬は寒さを感じている場合があります。

恐怖、不安、緊張

花火や雷の音、苦手なわんちゃんと出会った時などに震えるわんちゃんは多いですよね。苦手なものを目の当たりにしてストレスから震えてしまうようです。

病気からくるもの

筋力の低下

老化や運動不足によって筋肉量が低下してしまい、自分の体を支えきれなくなり震えてしまうことがあります。犬は一般的に後ろ足の筋力が弱く、筋力の低下によっての震えは後ろ足が震えることが多いようです。

中毒

犬にとって中毒性のある食べ物をうっかり与えてしまった場合やお散歩中に口にしてしまった植物によって中毒が引き起こされ震えが出る場合があります。ひどいよだれや嘔吐、下痢などの症状を伴うことが多いです。

低血糖

血糖値が急激に低下して起こるのが低血糖。その原因は様々です。極端な空腹や激しい運動などが理由の場合やインスリン過多のよるものなどで膵炎やすい臓がんの可能性もあります。

震えているときの対処法は?

食欲があり、お散歩もして元気な様子でたまに震えているというのなら様子を見ても大丈夫。逆に、食欲不振や元気がない、嘔吐、下痢など他の症状も見られる場合は獣医さんに連れて行ってあげましょう。震える様子は獣医さんに説明するのが難しいものです。可能ならビデオで撮影して持参するとわかりやすですよ。震えが大きく、体をそってしまうような時は震えがおさまったとしても急いで獣医さんへ連絡しましょう。

わんちゃんの様子をしっかり見て、冷静に判断することが震えの原因を突き止めるのには大切ですね。わんちゃんが健康で長生きできるよう、飼い主さんがよく観察してあげて毎日を過ごしましょう。