わんちゃんの目の下が茶色く変色!犬の涙やけの原因とケア方法とは?

かわいいわんちゃんの目の下が茶色くなってしまってる!と思ったことはありませんか?毛色が薄いわんちゃんでは特に目立ってしまうこの症状。いつもキレイにしておいてあげたい飼い主さんにとっては気になる部分ですし、変色が出来たり出来なかったりすることを思うと病気なのではと心配にもなりますよね。この茶色い変色の正体は「涙やけ」と言われるもの。その原因と対策を知りましょう。

涙やけの原因は?

いちばんの原因と言われているのは目の疾患によるものです。わんちゃんの眼球に涙が適切な量で留まらず、目の周りに流れ出て酸化して変色してしまうんです。

外部からの刺激がある

逆さまつげだったり、目に異物が入っていることから眼球を刺激して涙がたくさん出ていることがあります。特にシーズーやトイプードル、シュナウザーなど飾り毛のあるわんちゃんは特に要注意です。

涙腺や涙管のトラブル

涙を目から鼻へと流してくれる鼻涙管と呼ばれる管が細くなっていたり、詰まってしまっている場合があります。鼻涙管狭窄または閉塞と言われ、余分な涙を鼻の中に排出するのがむつかくなっている症状です。先天的なケースと後天的なケースがあります。

花粉症やアレルギーによるもの

よく観察してみると決まった季節にだけ涙やけができている場合や痒がっている場合は花粉症やなんらかのアレルギーの可能性があります。ハウスダストによって涙が出る場合もあるのでよく観察してあげましょう。

涙やけを改善するには?

涙やけがひどいなと気になったら、まずは獣医さんに相談してみることがいちばんです。花粉症やアレルギーの相談にものってくれますし、目に異物が入っていた場合は結膜炎になってしまうこともあるのでしっかり治療することが大事。涙腺や涙管のトラブルを疑う時は簡単な検査で鼻涙管の詰まりがあるかどうか判明します。その後は症状によって手術となることもありますがわんちゃんが心地よく生活できる治療法を獣医さんと探していきたいですね。

出来てしまった涙やけのケア

残念ながら変色してしまった部分を完全にキレイにする方法はないみたいです。だけど、予防してあげることはできます。コットンやガーゼにぬるま湯を含ませて、やさしく目のまわりを拭いてあげるのがいいでしょう。わんちゃん用のウエットティッシュを使用するのもいいアイデアですよね。顔のまわりをさわられると嫌がって噛みつくわんちゃんもいますよね。そんな時はおやつをあげたりしてケアの時間を楽しいものだと思わせてあげるのが大切です。

こまめなケアをしてあげながら、変色が起きないように予防してあげることが涙やけをなくす近道ですね。きちんと調べて原因をみつけ、わんちゃんも飼い主さんもハッピーな毎日を送れるようにしましょう。